京都大学大学院・医学研究科(発達障害リハビリテーション学研究室)

 松島佳苗先生、加藤寿宏先生から、発達障害の感覚・運動の問題について、作業療法の臨床の視点から多くの助言をいただき、共同研究をしております。特に、発達性協調運動障害(DCD)について、運動の評価法についての提案を受け、また、介入へ向けた研究の推進で連携しています。

長崎大学医学部・保健学科(岩永ゼミ)

 感覚プロファイルの翻訳者であり、感覚処理障害の臨床の第一人者でもある岩永竜一郎先生とともに、ASD者の感覚処理障害の客観的分類法の確立に向けた共同研究を推進しています。

目白大学・人間学部・心理カウンセリング学科(大嶋ゼミ)

 大嶋玲未先生から、社会調査のアンケートデータ取得法と解析法について、協力と助言を得ています。発達障害の就労支援についてのご研究に、感覚の問題について基礎研究を応用することを目指します。

筑波大学芸術系・プロダクトデザイン領域(小山研究室)

 小山慎一先生が代表の科学研究費・課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業・領域開拓プログラムで、感覚過敏に配慮した環境設計に向けた応用研究を行っています(テーマ:脳機能亢進の神経心理学によって推進する「共生」人文社会科学の開拓)。

中央大学・文学部・緑川研究室(神経心理学研究室)

 緑川晶先生が代表の科学研究費・基盤研究Aのプロジェクトで、発達障害や認知症など、異なる疾患・障害で見られる感覚過敏について、共通した認知神経基盤を探る研究を進めています(テーマ:過敏性を通じた発達障害や認知症の連続的理解)。