国際学会

  • Atsumi T, Umesawa Y, Chakrabarty M, Fukatsu R, Ide M. An Association between Sensory Responsiveness and Cortical GABA Concentration in Autism-Spectrum Disorder. INSAR 2019 Annual Meeting (May 1 - May 4, 2019, Palais des congres de Montrea, Montreal, Canada)
  • Umesawa Y, Matsushima K, Atsumi T, Kato T, Fukatsu R, Wada M, Ide M. Abnormal GABA Concentration in Brain Motor Areas Are Related with Gross Motor Impairments in Individuals with Autism Spectrum Disorder. INSAR 2019 Annual Meeting (May 1 - May 4, 2019, Palais des congres de Montrea, Montreal, Canada)
  • Yaguchi A, Ide M. Superior Temporal Summation Performance to Detect Near Threshold Tactile Stimulus in Individuals with Autism Spectrum Disorder. INSAR 2019 Annual Meeting (May 1 - May 4, 2019, Palais des congres de Montrea, Montreal, Canada)
  • Wang Y, Oosima R, Matsushima K, Yamamura Y, Ide M. Food selectivity is underling by sensory hyper-responsibility in children with autism spectrum disorder: a study from interview. INSAR 2019 Annual Meeting (May 1 - May 4, 2019, Palais des congres de Montrea, Montreal, Canada)
  • Ide, A., Atsumi, T., Mrinmoy, C., Yasu, K., Wada, M. Neural basis of a case of autism-spectrum disorders who showed extraordinary higher temporal resolution to stimuli.The 2nd International Symposium on the Science of Mental Time(September, 12-13, 2017, Nara, Japan)
  • Yaguchi, A., Ide, A., Sano, M., Wada, M. Sensory processing underlying hypersensitivity and repetitive behavior in individuals with autism-spectrum disorders: By focusing on temporal resolution and detection sensitivity.The 2nd International Symposium on the Science of Mental Time(September, 12-13, 2017, Nara, Japan)
  • Atsumi, A., Ide, M., Sano, Y., Shinoda,Y., Furuichi, T., Wada, M. Study of time-dependent response trait to tactile stimulation in a ASD model mice.The 2nd International Symposium on the Science of Mental Time(September, 12-13, 2017, Nara, Japan)
  • Ide, M., & Wada, M. Salivary oxytocin concentration is correlated with the subjective feeling of body ownership during the rubber hand illusion. Neuroscience 2016 (October, 12-16, 2016, San Diego, California)
  • Yaguchi, A., Ide, M., Wada, M. Tactile temporal resolution might correlate with degree of hypersensitivity in individuals with autism-spectrum disorders. Neuroscience 2016 (October, 12-16, 2016, San Diego, California)
  • Wada, M.,Ide, M., Atsumi, T., Yagishita, K., Katakai, M., Shinoda, Y., Furuichi, T, & Kansaku, K. A rubber tail task in Ca-dependent activator protein for secretion (CAPS) 2 knockout mice. Neuroscience 2016 (October, 12-16, 2016, San Diego, California)
  • Hidaka, S., & Ide, M. Crossmodal perceptual masking effect. 31th International Conference of Psychology (July, 24-29, 2016, Yokohama)
  • Ide, M., & Wada, M. Effect of a rubber hand presentation on visuotactile temporal order judgment: association with autistic traits. 16th International Multisensory Forum (June, 13-16, 2015, Pisa, Italy)
  • Wada, M & Ide M. Effect of a rubber hand presentation on visuotactile cross-modal dynamic captures: association with autistic traits. 16th International Multisensory Forum (June, 13-16, 2015, Pisa, Italy)
  • Chu, S. Y., Sakai, N., Mori, K., Ide, M., & Iverach, L. Psychometric Evaluation of the Japanese Unhelpful Thoughts, Beliefs, & Anxiety About Stuttering. American Speech-Language-Hearing Association (November, 2014, Florida)
  • Ide, M., & Hidaka, S. Touch-induced visual masking effect. 15th International Multisensory Forum (June, 2014, Amsterdam, The Netherlands)
  • Omi, T., Ide, M., & Hidaka, S. Effects of visual presentation of hand image on visuotactile temporal adaptation. 15th International Multisensory Forum (June, 2014, Amsterdam, The Netherlands)
  • Ide, M & Osada,Y. Effects of auditory information on the rubber hand illlusion. Vision Science Society2011 (May,2011, Naples, Florida)

国内学会

  • 鈴石陽介, 日高聡太, 井手正和, 和田真. 触覚誘導性視知覚抑制効果における視覚刺激の空間一致性と自閉傾向の影響に関する検討. 第10回多感覚研究会 (2018年10月20-22日, 東北大学片平キャンパス さくらホール)
  • 梅沢侑実,松島佳苗,渥美剛史,加藤寿宏,深津玲子,和田真,井手正和. 一次運動野のGABA増加と自閉スペクトラム症者の粗大運動障害との関連. 第12回Motor Control研究会 (2018年8月18-20日, 上智大学四谷キャンパス)
  • Takeshi Atsumi, Masakazu Ide, Yumi Umesawa, Mrinmoy Chakrabarty, Keiichi Yasu, Ayako Yaguchi, Misako Sano, Reiko Fukatsu, Makoto Wada, Neural circuit of hypersensitivity derived from high temporal resolution of sensory stimuli: evidence from autism-spectrum disorders.第41回日本神経科学大会 (2018年7月26-29日, 神戸コンベンションセンター)
  • Makoto Wada, Masakazu Ide, Takeshi Atsumi, Kouji Takano, Hiroki Ora, Kenji Kansaku, C-Fos expressions in the cerebral cortex during rubber tail task in mice.第95回日本生理学会大会 (2017年3月28-30日, サンポートホール高松、高松シンボルタワー)
  • 井手正和,渥美剛史,ムリンモイ・チャクラバティ,矢口彩子,安啓一,佐野美沙子,深津玲子,和田真.過剰な感覚情報処理に基づく自閉スペクトラム症者の感覚過敏の検討.第29回東北神経心理懇話会(2018年2月3日東北大学医学部 艮陵会館)【口頭発表】
  • 井手正和,渥美剛史,ムリンモイ・チャクラバティ,安啓一,和田真.触覚刺激の時間処理精度の認知神経基盤―自閉スペクトラム症の1症例に着目して―.次世代脳プロジェクト 冬のシンポジウム(2017年12月20日―22日一橋大学 一橋講堂)
  • 渥美剛史, 井手正和, 佐野良威, 篠田陽, 古市貞一, 和田真.Caps2 KO自閉症モデルマウスにおける触覚刺激の時間分解能の検討次世代脳プロジェクト 冬のシンポジウム(2017年12月20日―22日一橋大学 一橋講堂)
  • 和田真・井手正和・池田華子・佐野美沙子・田中有・金樹英・鈴木繭子・東江浩美・西牧謙吾・深津玲子・中島八十一・宮崎真.自閉スペクトラム症者の皮膚ラビット錯覚の特徴.次世代脳プロジェクト 冬のシンポジウム(2017年12月20日―22日一橋大学 一橋講堂)
  • Atsumi, T., Ide, M., Sano, Y., Shinoda, Y., Furuichi, T., Wada, M. Aberrant responses to the biological motion of CAPS2 knockout mice by conspecifics. 行動2017(日本動物行動関連学会・研究会 合同大会)(2017年8月30-9月1日, 東京大学)
  • 和田真, 渥美剛史, 井手正和, 佐野良威, 篠田陽, 古市貞一, 神作憲司. ラバーテイル応答における Caps2 遺伝子欠損マウスへのオキシトシン投与に関する予備検討行動2017(日本動物行動関連学会・研究会 合同大会)(2017年8月30-9月1日, 東京大学)
  • Ide, M., Atsumi, T., Yasu, K., Wada, M. Extraordinary enhanced temporal resolutions in a person with autism-spectrum disorders: a voxel based morphometry MRI study.第40回日本神経科学大会 (2017年7月20-23日, 幕張メッセ)
  • Atsumi, T., Ide, M., Sano, Y., Shinoda, Y., Furuichi, T., Wada, M. Altered discriminative response to biological motion of conspecifics in Ca-dependent activator protein for secretion (CAPS) 2 knockout mice.第40回日本神経科学大会 (2017年7月20-23日, 幕張メッセ)
  • Ide, M., Yaguchi, A., Wada, M. Extraordinary enhanced temporal resolutions in touch and sound in a person with autism-spectrum disorders: a single-case study.第94回日本生理学会大会 (2017年3月28-31日, 浜松アクトシティコングレスセンター)
  • Wada, M., Ide, M., Takano, T., Ora, H., Kansaku, K. Comparison between response in real tail grasping and rubber tail illusion in mice.第94回日本生理学会大会 (2017年3月28-31日, 浜松アクトシティコングレスセンター)
  • Atsumi, T., Ide, M., Wada., M. Do mice discriminate biological motion ? 日本動物心理学会第76回大会(2016年11月23-25日,北海道大学 学術交流会館)
  • Wada, M., Ide, M., Atsumi, T., Yagishita, K., Katakai, M., Shinoda, Y., Furuichi, T., Kansaku, K. A rubber tail task in CAPS2 KO mice: second report.日本動物心理学会第76回大会(2016年11月23-25日,北海道大学 学術交流会館)
  • 日高聡太,井手正和,池田華子,和田真. 触覚誘導性視知覚抑制効果に関連する脳内神経活動変化の検討. 日本基礎心理学会第35回大会(2016年10月29-30日,東京女子大学)
  • Yaguchi, A., Ide, M., & Wada, M. Tactile temporal resolution associates with hypersensitivity in persons with autism-spectrum disorders. 第39回日本神経科学学会大会(2016年7月20-22日,パシフィコ横浜)
  • Ide, M., & Wada, M. Associations between salivary oxytocin concentration and subjective feeling during rubber hand illusion. 第93回日本生理学会大会 (2016年3月, 札幌コンベンションセンター)
  • Wada, M., Ide, M., Ora, H., & Kansaku, K. C-Fos and Arc expression during a rubber tail task in mice: an initial study. 第93回日本生理学会大会 (2016年3月, 札幌コンベンションセンター)
  • 日高聡太, 井手正和. 音によって生じる視知覚の抑制. 日本基礎心理学会第34回大会 (2015年11月28-29日, 大阪樟蔭女子大学)
  • 井手正和,和田 真.自閉傾向がラバーハンド提示時の視触覚間の時間分解能に及ぼす影響. 第7回多感覚研究会 (2015年11月7-8日, 東京女子大学)
  • Wada, M., Ide, M., Yagishita, K., Katakai, M., Shinoda, Y., Furuichi, T., & Kansaku, K (2015). A rubber tail task in CAPS2 KO mice: an initial study. 日本動物心理学会 第75回大会 (2015年9月, 日本女子大学)
  • Ide, M., & Wada, M. Effects of rubber hand presentation on visuotactile temporal order judgment. 第38回日本神経科学大会 (2015年7月, 神戸国際会議場・神戸国際展示場)
  • Wada, M & Ide M. Effects of rubber hand presentation on visuotactile cross-modal dynamic captures. 第38回日本神経科学大会 (2015年7月, 神戸国際会議場・神戸国際展示場)
  • Ide, M., & Wada, M. Effects of periodicity of brush stroking on the rubber hand illusion. 第92回日本生理学会大会 (2015年3月, 神戸国際会議場・展示場)
  • Wada, M., & Ide, M. Effect of a rubber hand on cross-modal dynamic captures. 第92回日本生理学会大会 (2015年3月, 神戸国際会議場・展示場)
  • Ide, M., & Wada, M. Effects of periodicity of brush stroking on the rubber hand illusion associations with AQ score. Conference on Systems Neuroscience and Rehabilitation (SNR2015) (2015年3月, 国立障害者リハビリテーションセンター学院)
  • 井手正和・日高聡太. 触覚誘導性視覚マスキング. 日本基礎心理学会第33回大会サテライトオーラルセッション (2014年12月, 首都大学東京)【口頭発表】
  • 井手正和・和田 真. 周期的触覚刺激がラバーハンド錯覚に及ぼす影響. 第6回多感覚研究会 (2014年11月, 広島大学)
  • 井手正和, 日高聡太. 触覚刺激による視覚刺激の見えの抑制. 日本認知心理学会第12回大会 (2014年6月, 仙台国際センター)【口頭発表】
  • 井手正和. 身体の解剖学的構造に基づく視触覚間統合とそれに伴う時間判断の変化.平成25年度 生理学若手研究者フォーラム(2013年8月,順天堂大学【口頭発表】【若手研究者奨励賞受賞】
  • 井手正和. 往復する筆刺激によるラバーハンド・イリュージョン発生装置.第4回多感覚研究会(2013年1月,文部科学省研究交流センター)【デモ展示】
  • 井手正和, 日高聡太. 手画像の提示が視触覚間の時間順序判断に及ぼす影響.日本基礎心理学会 第31回大会(2012年11月,九州大学)
  • 法理樹里, 井手正和. 他者の指差し動作は空間手がかりとして有効か? 日本認知心理学会 第10回大会 (2012年6月, 岡山大学)
  • 井手正和, 長田佳久. 視覚刺激遅延呈示下におけるラバーハンドイリュージョンの時間的変化. 第45回知覚コロキウム (2012年3月, 清里清泉寮)
  • 井手正和.マネキンの手に対する赤色LED照射は自己の手に温かみを生じる?―ラバーハンドイリュージョン体験装置の紹介.第45回知覚コロキウム (2012年3月, 清里清泉寮)【デモ展示】
  • 井手正和, 長田佳久. 身体の可動域がラバーハンドイリュージョンに及ぼす効果-左右のラバーハンド間の比較. 第3回多感覚研究会 (2012年1月, 東京大学)
  • 井手正和, 長田佳久. 身体的制約がラバーハンドイリュージョンに及ぼす効果. 日本基礎心理学会第30回大会 (2011年12月, 慶応大学)
  • 長田佳久・増田知尋・渥美剛史・井手正和・鈴木清重. 心理学古典的実験機器の展示. 日本基礎心理学会 第30回大会 (2011年12月, 慶応大学)【特別展示】
  • 井手正和, 長田佳久. 餌の捕獲場面におけるリスザルの利き手に関する検討. 日本基礎心理学会第29回大会 (2010年11月, 関西学院大学)
  • 井手正和, 長田佳久. 聴覚刺激がラバーハンドイリュージョンに及ぼす効果. ADIST2010 (2010年10月, 名古屋国際センター・ホール)

    研究会等での話題提供

    • 井手正和.自閉スペクトラム症者の過敏な感覚の基になる 特異な知覚認知特性.(2019年2月12日,Sony Computer Sience Laboratory Sony Computer Sience Laboratory)
    • 井手正和.臨床現場での応用を目指した感覚過敏の神経生理に関する研究紹介.発達障害の感覚・運動で見られる問題の実像とその神経基盤(2018年5月24日,京都大学こころの未来研究センター未来研究センター別館)
    • 井手正和,和田 真.ヒトと自閉症モデル動物の感覚間統合と感覚過敏の研究紹介.感覚とその発達メカニズムに関する研究交流会(2016年2月24日,京都大学こころの未来研究センター)
    • Ide, M., & Wada, M. Body representation based on visuotactile integration in human and animal. 京都大学理学研究科生物学専攻心理セミナー(2015年12月15日,京都大学霊長類研究所)
    • 井手正和. 自己身体表象の基盤となる視触覚間相互作用研究とその障害. Cognitive Science Meeting 42 (2014年, 千葉大学)

    その他

    • 梅沢侑実,松島佳苗,渥美剛史,加藤寿宏,深津玲子,和田真,井手正和.運動野のGABA濃度と関連する自閉スペクトラム症の発達性協調運動障害.国立障害者リハビリテーションセンター 第35回業績発表会(2018年12月21日,国立障害者リハビリテーションセンター)
    • 渥美剛史,井手正和,ムリンモイ・チャクラバティ,矢口彩子,安啓一,和田真.自閉スペクトラム症の1例に着目した感覚過敏の認知神経基盤.新学術領域研究 こころの時間学 第3回領域会議(2018年1月29-30日,沖縄コンベンションセンター)
    • 井手正和,渥美剛史,安啓一,佐野美沙子,深津玲子,和田真.感覚刺激に対して過剰な時間処理精度をもつ自閉スペクトラム症者の認知神経基盤.国立障害者リハビリテーションセンター 第34回業績発表会(2017年12月22日,国立障害者リハビリテーションセンター)
    • 梅沢侑実,池田華子,井手正和,佐野美沙子,深津玲子,宮崎真,和田真. 自閉スペクトラム症者の認知特性と日常行動の得意・不得意との関係性解明についての試み. 新学術領域研究「個性」創発脳 第2回領域会議(2017年7月7-9日,静岡県御殿場)
    • 井手正和, 矢口彩子, 和田真.自閉スペクトラム症者における感覚過敏と時間処理精度との関連性 ―触覚・聴覚に関して過剰に向上した時間分解能を示した1症例.新学術領域研究 こころの時間学 第2回領域会議(2016年12月21日,国立情報学研究所 学術総合センター)
    • 井手正和, 矢口彩子, 金樹英, 東江浩美, 鈴木繭子, 西牧謙吾, 中島八十一, 和田真.自閉スペクトラム症者の感覚過敏―刺激の時間処理特性との関連―.国立障害者リハビリテーションセンター 第33回業績発表会(2016年12月22日,国立障害者リハビリテーションセンター)
    • 井手正和, 矢口彩子, 和田真.自閉症者の触覚過敏と触覚に関する時間分解能向上との関連性の検討.新学術領域研究 こころの時間学 第1回領域会議(2016年7月10日-11日,TKPガーデンシティ札幌駅前)【口頭発表】