サイエンスカフェ『子育てを研究する』開催のお知らせ

日本生理学会若手の会のサイエンスカフェが、下記の通り開催されます。赤ちゃんが抱っこで泣き止む生理的背景についての研究で知られる東邦大学医学部の吉田さちね先生(現若手の会代表)が企画し、子育てに関する多様な分野の研究者が話題提供をします。お子様連れOKで授乳・おむつ交換のスペースも用意しております。私は、フロアトークでファシリテーターを務めます。ぜひ、多くの方にお越しいただければ幸いです。

 

日本生理学会若手の会サイエンスカフェ2019
タイトル:『子育てを研究する』
https://sites.google.com/view/scicafe2019

父親・母親・子どもなど多様な視点から取り組んだ子育てに関する最近の研究をご紹介します。
ご興味のある方は、どなたでも参加できます。子育てについて一緒に考えてみませんか。

日時:2019年9月21日(土)13:00-15:00
定員:100名
場所:東邦大学医療センター大森病院5号館 5B1臨床講堂
入場:無料

松永佳子(東邦大学 看護学部)
妊娠中から始める産後の準備 ~夫婦のコミュニケーションとっていますか~

吉田さちね(東邦大学 医学部)
抱っこで起こる親と乳児の変化

仲谷正史(慶應義塾大学 情報環境学部 / JSTさきがけ)
人工知能を利用した乳幼児の発達状態の定量化と子育て支援技術の開発

渡邉 仁(筑波大学 体育系)
子どもは自然の中で何を学ぶのか ~身近な外遊びからキャンプまで~

フロアトーク進行:吉田さちね・井手正和(国立障害者リハビリテーションセンター研究所)

*悪天候の場合、9月29日(日)13:00-15:00に延期します。参加登録された皆様には9/20に最終的な開催日をメールします。
*参加登録フォームには、パソコンからのメールを受信できるアドレスをご入力ください。
*その他:お子様連れOK・授乳やオムツ替えスペースあります。駐車場に限りがあります。

主催:日本生理学会若手の会
後援:日本生理学会

2019年08月21日